javaエンジニアは、phpおよびjavaを適切に使いこなす人材が現場で高く評価されることから、web業界ではほぼ必須の職種です。基本のプログラム作成ではphpが簡便と見なされていますが、多少複雑になるプログラムの記述には、柔軟性においても拡張性でもjavaが優れているので、webサイト開発には必要不可欠な存在になってきています。とはいえ、javaは習得するのが比較的難易度の高い言語なので、web系の企業では人材の募集をしても、慢性的にjavaエンジニアが不足する状態が続いています。特に近年になり、エンジニアの数が不足する問題が深刻化することが懸念されていますが、その背景には、いわゆる2015年問題と呼ばれる事情が関係しています。一般的に、団塊の世代と言われる年代の人々が65歳になることで年金受給が可能になり、定年退職することによって労働人口が減ってしまうのです。こうした背景から、javaエンジニアの人気が徐々に高まっている傾向があります。

単なるトレンドとしてではなく、定年になるまで働きやすい職種であるという理由も関係しています。プログラミングにおける開発現場の多くは、体力が充実している若さと同時に経験というバランスが重要視されるので、年齢を重ねると離脱を余儀なくされる場合が多い傾向がありますが、web開発では事情が異なります。プログラミングの他に時間と労力を要する仕事が多く、作業の効率を経験によってカバーできる現場が豊富にあるため、定年になるまで携わることが可能なケースが多いのです。
そんなjavaエンジニアの魅力については、こちらの「Javaエンジニアを狙え!」というサイトに綴られていたので参考にしてみてはどうでしょうか。