ソフトウェア開発の業界が特徴的であるのは、求人の条件にプログラム言語の項目がある事です。プログラマーとして実力を持っていても、プログラム言語の条件に合致していなければ、求人に応募できません。ソフトウェア開発分野で必要とされているのが、javaエンジニアの人材です。javaのプログラム言語が使いこなせる技術者が、求人市場で不足している傾向にあります。これは、java言語によるソフトウェア開発の需要が高まっているためです。javaは、通信技術の発展と共に台頭してきたプログラム言語であり、通信サービスの開発と相性が良い特徴を持ちます。そのため、javaのプログラム言語を使って、通信サービス開発に携わることができるエンジニアの不足は特に深刻です。

このようなjavaエンジニアの需要の増加傾向から、他のプログラム言語を専門としていたエンジニアたちも、javaへの転向には積極的です。他のプログラム言語を専門としてきたエンジニアであっても、転向は比較的容易です。たとえ異なるプログラム言語であっても、ソフトウェア開発に必要とされる基礎的なスキルは共通しています。そこでjava言語が持つ独特な仕様や開発スタイルを改めて修得し、転向してjavaエンジニアとして新たに働けます。加えてjava言語による開発に用いられるライブラリやフレームワークも、必要に応じて使いこなせるスキルを身につけた方が仕事では有利です。